大きな展示会をするときは会場探しに気をつける

新商品ができたときはどうするでしょうか。大会社などでは、いろいろな形で広告をするということがあります。インパクトがあるのはテレビということになるでしょう。非常に多くの人が見ますし、動きとともに知ってもらうことができることになります。その他においては、新聞や雑誌などの媒体を使うということがあります。新聞も多くの人が見ます。雑誌の場合は、売りたい人をターゲットにして行うと良いということです。女性向けなら女性雑誌、ビジネス系ならビジネス雑誌に載せるということで、効果を得ることができます。最近においては、インターネットを利用するものがあります。ソーシャルネットワークを使った方法も行われているということです。広くいろいろな人に知ってもらうということでは、テレビなどを利用するということがですが、会社相手にビジネスをしているという場合、テレビ広告などはあまり効果がないということになります。それよりも、実際に使っている人などに見てもらうほうが良いということです。現ユーザーを中心に、それ以外でも将来のユーザーとなりうる人に見てもらうということです。そういったときには、会場などを用意して、実際に見てもらうということがあります。

そうすることで、より身近な人に情報を知ってもらうことができることになります。今使っているものとの違いをアピールすることができれば、買い換えてくれるということもあります。そこから評判を広げることもできます。

そこで大きな展示会を開くということになるのですが、そのときには会場探しに気をつけたいところです。まず考えるのは、会社の近くということです。会社の近くにおいてそういった場所があるかです。もう一つとしては、そういったイベントなどが良く行われるところを利用するということです。そういった場所であれば、知名度がありますから、来場者が来易いということがあります。なになにビル、なになにホテル、なになにホールといろいろなところがあると思いますが、有名なところであれば、駅から矢印が出ていることもあります。地下鉄などでは、その場所の最寄り駅であることを示してくれることもあります。そういうところを選ぶということがあります。もちろん有名なところとなりますと、コストもそれなりにかかることになります。過去の実績などから、事後の販売において効果をチェックしておきます。そうすれば、高いところを利用したとしても、効果が期待できることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です